株式会社アルム
株式会社アルム

株式会社アルム 株式会社アルム

Join LiveView
院内映像ライブ配信ソリューション

Joinを通じ、手術室のカメラや血管造影装置の映像、並びに病棟の生体情報モニター等の映像を高セキュリティ環境下でライブ配信できるソリューションです。院外にいる医師がリアルタイムに支援することができ、遠隔手術立ち合いや病棟における緊急対応に有用であるほか、医療教育にもご利用になれます。

映像はセキュアなインターネット回線を通じて配信され、国内・海外など場所を問わず視聴することができます。Webブラウザやアプリで視聴可能であるため、PC、タブレット、スマートフォンなど、様々な端末でご利用いただけます。

手術室からは高品質で遅延の少ない複数の映像を同時に配信でき、視聴する側は見たい映像を選ぶことができます。視聴時は、Joinのグループ通話機能を使って執刀医−視聴医間で音声コミュニケーションをとりながら、注目したい映像を拡大することや、映像上に線画を描いて示すこともでき、音声では十分に伝わらない情報も的確に示すことができます。また、病室やスタッフステーションにある既存のカメラやモニターシステムから映像を取得し、ストリーミングすることができます。例えば、感染症病棟内の患者の様子や生体情報モニター、ECMO等の波形映像を確認することが可能となり、集中治療室で緊急対応が必要な場合でも、現場から離れた場所にいる医師がこれらの情報をもとに的確な指示を出し、現場の医師による処置をサポートできます。

400施設以上に導入されているJoinへの機能追加により、既存の環境を活用した映像配信環境を整備でき、操作に慣れたJoin上で簡単にお使いいただけます。

※映像データの規格等に互換性があることが前提となります。


Join LiveViewの活用

  • オンライン研修

    研修に参加する医師が手術室に立ち入ることなく、研修を実施することができます。通常の手術を行う執刀医に加えて指導医が同席し、指導医が研修参加者に対して解説します。これにより、技術革新の早い医療機器においても、全国の医師が移動の負担なく最新の技術を学ぶことができます。
  • 遠隔指導

    指導医が遠隔から若手の執刀医をサポートすることができます。指導医は外出先や自宅からもサポートできるため業務負担が大幅に軽減され、若手の執刀医は指導医のサポートがあることで、安心して手術に臨むことができます。また、医療機器メーカーは新製品導入時のプロクタリングにもご利用になれます。
  • 病棟処置サポート

    集中治療室で患者が急変した際に、離れた場所にいる医師が現場の医師の処置をサポートすることができます。また、スタッフステーションにある既存のカメラやモニターシステムの映像を配信し、医師が院外にいても患者の様子を詳細に確認することができるため、医師の働き方改革にも有用です。

医療関係者向け情報

本ページのコンテンツは医療関係者の方を対象としており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。

あなたは医療関係者ですか?