医療ICTベンチャーのアルム、広島大学・札幌医科大学とてんかん診療に資する遠隔脳波診断支援の多施設共同研究を開始

株式会社アルム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:坂野哲平、以下 アルム)は、国立大学法人広島大学(所在地:広島県東広島市、学長:越智光夫、以下 広島大学)および北海道公立大学法人札幌医科大学(所在地:北海道札幌市、理事長・学長:塚本泰司、以下 札幌医科大学)と共に、アルムが提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」を活用し、認知症およびてんかん鑑別・診断技術向上にむけた共同研究を開始いたしました。

日本国内には、60~100万程度のてんかん患者が存在するといわれており、特に高齢発症のてんかん患者が増加しています。高齢者のてんかんは、臨床症状が類似する認知症と併発した場合、症状で鑑別することが難しく脳波検査が必要不可欠です。しかし、正確な脳波判読ができる医師は、全国約700名のてんかん専門医と一部のその他診療科医に限られているため、特にてんかん専門医がいるてんかんセンターや大学病院へのアクセスが難しい地方医療圏においては十分な脳波検査が実施できず、深刻な問題になりつつあると考えられます。
米国の研究*によると、認知症および経度認知障害(MCI)の患者の半数程度にてんかん異常波を有するとの調査結果がでております。てんかんの多くは、薬物療法で臨床症状を抑えることができるため、てんかんを併発している認知症患者に適切な鑑別診断や治療ができれば、臨床症状が改善し、QOLの向上が期待できるとされており、てんかん診療は認知症診療においても重要なテーマとなっております。

アルムはこのような課題を解決するべく、広島大学および札幌医科大学と共に、アルムが開発・提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」を活用して、各医療機関で検査した脳波データをてんかん専門医が遠隔で判読できる仕組みを構築し、地域におけるてんかん診断技術向上を目指した他施設共同研究を開始いたします。アルムが提供する「Join」は、院内にある脳波計の検査データを、「Join」の高セキュリティなネットワークでクラウドにあげ、専門医がインターネットにつながる端末でクラウド上の脳波ビューワーにアクセスし、遠隔判読を行える仕組みです。脳波データを他院のてんかん専門医に提供する場合、紙媒体もしくはメディア媒体で提供するケースが一般的ですが、「Join」の仕組みを活用することでデータ転送側の業務負担も少なく、タイムリーかつ普段と同様に判読できる期待が高いと考えております。広島大学は、ヒロシマ平松病院と広島中央健診所との間で、札幌医科大学は、函館新都市病院との間でこの仕組みを活用し、地方医療圏の実情を踏まえた連携施設のてんかん診断技術向上や運用面の評価から遠隔脳波判読の有用性について研究をいたします。

遠隔脳波判読支援の有効性を検証の後、認知症患者におけるてんかん症状の割合や検出率を明らかにし、特に人的資源の偏在が大きい地域医療において、遠隔脳波判読の仕組みを普及させることで、てんかんおよび認知症医療の医療格差の是正を目指してまいります。

*Keith A Vossel, MD, Maria C Tartaglia, MD, Haakon B Nygaard, MD, Adam Z Zeman, FRCP, and Bruce L Miller, MD Epileptic activity in Alzheimer’s disease: causes and clinical relevance Lancet Neurol. 2017 Apr; 16(4): 311–322.

■会社概要
株式会社アルムは「すべての医療を支える会社(All Medical)」として、「Shaping Healthcare」をコーポレートメッセージに掲げ、医療・福祉分野におけるモバイルICTソリューションの提供をしています。また、医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」を始めとした医療ICT事業では、グローバル展開に積極的に取り組み、日本発の医療ICT企業として累計28カ国へのソリューション提供を行っています。

○ 社名     株式会社アルム
○ 本社     東京都渋谷区渋谷3丁目27番11号祐真ビル新館2F
○ 代表     坂野 哲平
○ 設立     2001年4月18日
○ 資本金    28億8,680万円
○ ホームページ http://www.allm.net/

<本リリースに関するお問い合わせ先>
■研究に関すること
広島大学病院てんかんセンター長 
広島大学大学院医系科学研究科脳神経外科学 准教授
飯田幸治
Tel:082-257-5227

札幌医科大学医学部脳神経外科学講座 教授 
三國 信啓
Tel:011-611-2111

■Joinに関すること
株式会社アルム チームプラットフォーム部 広報担当
Email:press@allm.jp

【報道関係者の皆さまへ共同記者会見のご案内】

1. 会見日時
2021年6月3日(木)10:00~11:00

2. 会見の方法
オンライン(Zoom)
※ご参加の方々へ後ほどリンクをご送付いたします

3. 概要
株式会社アルムと広島大学、札幌医科大学は共同で、アルムが提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」を活用し、認知症およびてんかん鑑別、診断技術向上にむけた共同研究を開始いたしましたので、本研究についてご説明させていただきます。

出席者
 株式会社アルム 遠隔医療事業部準備室 室長
  風間 正博
 広島大学病院てんかんセンター長
 広島大学大学院 医系科学研究科脳神経外科学 准教授
  飯田 幸治
 札幌医科大学 医学部脳神経外科学講座 教授
  三國 信啓

4. 出欠回答
フォームより6月1日(火)17時までにご回答いただきますようお願いいたします。

5. 会見に関するお問い合わせ先
株式会社アルム チームプラットフォーム部
広報担当 工藤
Tel:070-4806-3222
Email:press@allm.jp

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

← Back

Archive