アルム、三井物産株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施

株式会社アルム(東京都渋谷区、代表取締役社長:坂野哲平、以下 アルム)は、三井物産株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:堀 健一、以下 三井物産)を割当先とする第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。

■概要
アルムは、日本で初めてソフトウェア医療機器として保険収載された医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」のほか、地域包括ケア推進ソリューション「Team」、救急・健康サポートアプリ「MySOS」といった、医療・ヘルスケア分野においてデジタルソリューションを提供しています。また、国際事業展開を積極的に推進しており、これまでに世界8カ国(米国、ドイツ、アラブ首長国連邦、ブラジル、チリ、台湾、マレーシア、ルワンダ)に拠点を持ち、23カ国へ医療ICTソリューションを提供して参りました。今回の資本提携を通じ、医療ICTソリューションを活用した治験サポートサービスの展開を強化すると共に、東南アジア事業の推進や、そのための人員を強化し、事業展開を加速します。

■治験サポート分野の展開について
アルムは、2020年11月以降 医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」のネットワークを活用し、患者への治験の案内と治験実施医療機関への紹介を促進する、患者リクルートメントソリューション「Enroll」を展開してきました。今後、三井物産との連携を通じ、「Join」のインストールベースの拡大や「Enroll」の機能向上を通じ、新薬開発における治験期間の短縮や各プロセスのデジタル化において貢献することを目指します。

■東南アジア・中国事業の展開について
アルムは、2021年2月にマレーシア現地法人を設立し、東南アジア事業の要として体制構築を推進してまいりました。周辺国であるタイ、ベトナムにおいても実証を進め、地域医療連携ツールとしての有用性を検証しています。今後は、東南アジアを中心に10か国、80病院を展開するIHHグループを基幹アセットとして保有する三井物産と連携し、医療機関への医療ICTソリューションの提供など、現地ニーズに即したサービス提供およびデータ事業を推進していきます。

■会社概要
株式会社アルムは「すべての医療を支える会社(All Medical)」として、「Shaping Healthcare」をコーポレートメッセージに掲げ、医療・福祉分野におけるモバイルICTソリューションの提供をしています。また、医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」を始めとした医療ICT事業では、グローバル展開に積極的に取り組み、日本発の医療ICT企業として23カ国へのソリューション提供を行っています。

○社名:株式会社アルム
○本社:東京都渋谷区渋谷3丁目27番11号祐真ビル新館2F
○代表:坂野 哲平
○設立:2001年4月18日
○資本金:28億8,680万円
○ホームページ:http://www.allm.net/

<本リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社アルム チームプラットフォーム部
広報担当 工藤
Email: press@allm.jp

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

← Back

Archive