ニプログループ 循環器部門向けソリューションGOODNET®とアルム 汎用画像診断装置用プログラムJoinがシステム連携

この度、ニプロ株式会社(大阪市北区、代表取締役社長 佐野嘉彦)と営業部門を統合した株式会社グッドマン(愛知県名古屋市、代表取締役社長 大山靖)が提供するGOODNET®が、株式会社アルム(東京都渋谷区、代表取締役社長 坂野哲平)が提供する汎用画像診断装置用プログラムJoinとシステム連携を実施し、循環器部門における協業を開始しました。

GOODNET®は循環器部門における業務効率向上に貢献するソリューションとして、各種検査画像の保存・配信をはじめ、システム連携やデータ管理、レポート作成、画像解析のサポートなど豊富な機能を有し、2000年の販売開始から既に国内350施設以上で利用されている製品です。

汎用画像診断装置用プログラムJoinは、医療関係者がクローズドな環境で医用画像の共有を行いながらチャット形式でコミュニケーションをとることができるアプリケーションです。医療機器の認証を取得しているプログラムとして日本ではじめて保険収載されたプログラム医療機器で、国内では250以上の医療機関にて、夜間休日などに院外にいる医師へのコンサルテーションツールとしての活用や、救急患者の転院の際の病院間連携・情報共有などに利用されています。

この度のシステム連携では、GOODNET®にて保存されるカテーテル検査映像がJoinのDICOMビューワーにて閲覧可能となり、循環器部門の医師がスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを活用し遠隔からもカテーテル検査を動画形式で確認できるようになりました。

本連携は東京慈恵会医科大学附属病院の小児科(循環器診療グループ)及び循環器内科にて既に運用が開始しており、迅速な診断や術前の情報共有がリアルタイムで必要となる救急患者の対応などで活用される見込みです。

二社は今後、心エコー検査における画像情報の連携を進めて行く予定で、循環器部門における医療情報の共有や医療効率の向上を目指します。

 
ニプロ株式会社
ニプロ株式会社は、主として医療機器、医薬品、ファーマパッケージングの研究開発、製造、販売を行っています。医療機器部門ではダイアライザを始めとする人工臓器関連製品、注射針やカテーテルなどの注射・輸液器具関連製品、循環器関連製品、医薬品部門では注射剤キット製剤や透析液粉末製剤、その他の経口剤や外用剤、ファーマパッケージング部門ではアンプルや管瓶などの医薬用硝子等を取り扱い、また最近では再生医療の分野にも注力するなど、幅広い分野で世界中の患者さまや医療従事者さまのニーズに応える製品・技術を提供しています。

株式会社アルムについて
株式会社アルムは、「すべての医療を支える会社(All Medical)」として、「Shaping Healthcare」をコーポレートメッセージに掲げ、医療・福祉分野におけるモバイルICTソリューションの提供をしています。また、医療関係者間コミュニケーションアプリJoinを始めとした医療ICT事業では、グローバル展開に積極的に取り組み、日本発の医療ICT企業として11カ国へのソリューション提供を行っています。

※GOODNET®は株式会社グッドマンの登録商標です。
※Joinは株式会社アルムの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

← Back

Archive