Kaigo

訪問介護現場のコミュニケーションをMobile×Cloudで変える訪問介護事業者向けタブレットアプリ

Kaigoとは

記録「紙」→ タブレット「アプリ」で実現する新しい介護の形

シームレスな業務効率化はできないだろうか?
施設内と同じように24時間体制で情報共有はできないだろうか?

平成23年度に経済産業省が主導する「医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出実証事業(IT活用等による介護事業者の経営効率化、安定化に資する調査)」において、24時間定額訪問介護の制度化を視野に入れ、タブレット端末を用いて業務実施内容を都度記録として残すことで訪問介護員・看護師とサービス提供責任者の業務効率化を可能にした訪問介護アプリを開発しました。
更に平成24年度では、この訪問介護アプリを軸に、在宅医療と介護・看護をシームレスに連動させ、メディカルとヘルスケアの業務効率化・情報共有システムを構築しました。

Android OS・iOSに対応

様々なAndroidOSタブレットで利用可能です。多忙なヘルパー業務を考慮し女性でも片手で持てる5.5〜7インチを推奨しています。
iOSへの対応は平成28年8月にリリース予定です。

関連特許、登録特許

  • 特許 第5344778号

お問い合わせ・サポート

介護員/ヘルパーの業務をより簡単に

外出先での記録がリアルタイムで本部や他職員に共有されるため、事業所内の事務作業が格段に減り、業務が効率化されます。
また、タブレット上でいつでもご利用者情報を参照できるため、職員間の情報連携がスムーズになり、継続したケアを行う事が出来ます。
アプリは、デジタルに不慣れな方でも簡単で使いやすい仕様になっております。

アプリを導入した際のメリット

1. 職種、距離を超えたリアルタイム情報共有

  • タブレット、PCからご利用者情報をいつでも即時に参照可能。
  • 診察による注意点や観察からの懸念点をご利用者様関係職員で共有可能。
  • 災害時の基本情報担保としても効果を発揮。

2. モチベーションアップ、サービス品質の向上

  • 医師を含めた職種間に連携することから安心感と責任感が生まれ、モチベーションアップに。
  • 複数者間、多職種間においても一貫性のあるサービスの提供が可能に。
  • 本部と訪問中の職員間もアプリで連携し、電話連絡が減り業務に集中。

3. 圧倒的な業務効率化

  • 入力データ二次利用によるドキュメント作成(計画書、報告書、日報、提供記録書等)業務の円滑化。
  • 訪問実績のデータ出力により請求連動が可能。
  • 過去実績データのアーカイブ化による教育コンテンツとしての効果。

4. 管理と高度なセキュリティー

  • 職員様のシフト設定や、サービス提供の時間/内容変更も随時対応、一元管理。
  • クラウド利用で個人情報管理もしっかり対応。
  • 写真はセキュリティ管理下で保存。

5. 1カ月あたり25時間の業務時間を削減

  • 担当者様一人あたりの業務時間を、1日約50分、1カ月で約25時間削減の実現。
  • データ入力の時間は「手書きよりも短い」とのお声も頂戴しております。

導入事例

利用者の声

社会福祉法人 長岡福祉協会 高齢者総合ケアセンターこぶし園様
アルムの介護アプリを使い始めてから各ヘルパーやサービス責任者の業務効率が格段にアップしました。今までは、記録紙に実績を記入し、それを更に日報や介護ノートに転記したりと何度も同じ事を書かなければならず、ヘルパーの負担になっていました。アプリを利用するようになってからは、外出先での実績入力がそのままデータとして本部にも共有される為、転記をする必要が無くなり負担が軽減され業務が効率化しました。また、過去の申送り事項や現在の利用者情報をすぐに確認出来る為、情報共有が確実になされ、利用者様に対するサービスの質も向上したと感じています。

社会福祉法人 こうほうえん様
情報のデータ化を目的にアプリを導入しました。このアプリを使えば介護記録がデータで残る為、情報分析にも非常に役立っています。申送り事項を時系列で確認可能な為、利用者様ごとの状況把握にも便利で、ヘルパー間での情報共有漏れ防止にもつながっています。また、本部で事務作業をするスタッフにとっても大きなメリットがありました。予定と実績の相違チェックをシステム内で簡単に行える為、様々な紙を参照する必要が無くなり、月末月初の業務も効率化する事が出来ました。現在はほとんどのスタッフの残業時間が減り、労務管理上の問題も解消されました。