救命・健康サポートアプリ「MySOS」に、「新型コロナウイルス感染症の重症化リスク予測」機能を搭載! 〜リスクの正しい把握で、健康意識向上および感染予防をサポート〜

医療・ヘルスケアモバイルアプリケーションを開発・運用する株式会社アルム(東京都渋谷区、代表取締役社長:坂野哲平、以下 アルム)は、アルム製品である救命・健康サポートアプリ「MySOS」において、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化率・死亡率を、年齢・性別と健康情報に基づいて予測する「新型コロナウイルス感染症の重症化リスク予測」機能を2020年4月30日(木)より提供開始したことをお知らせします。

MySOSの「新型コロナウイルス感染症の重症化リスク予測」機能は、現在までに報告されている各国研究機関等の臨床データに基づいて、医療法人天太会 チームメディカルクリニック理事長小橋大恵医師の監修のもと開発されました。年齢・性別、現在治療中の病気を入力すると、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化率・死亡率を計算します。数値と共に監修医師からのアドバイスを画面で確認することができ、ユーザーの皆様の健康意識を高め、感染予防のための支援を行うことを目的としています。

ご注意事項:本機能で表示される重症化リスク(重症化率・死亡率)は、現在報告されている米国及び中国を中心とした臨床データに基づき開発された予測モデルをもとに、サービス利用者の入力値を用いて重症化・死亡の危険度を試算した参考情報であり、日本との医療制度や生活習慣、人種等の差異は考慮しておりません。皆様の健康意識を高め、感染予防のための支援を行うことを目的としており、医学的診断をするものではありません。

■MySOSについて
株式会社アルムが開発・提供する、自身や家族の健康・医療記録を行い、救急時などのいざという時にスムーズな対応をサポートするアプリです。健康診断結果やMRI・CTなどの医用画像をスマホで確認することができるので、PHRとしても活用でき日々の健康管理に役立てることができます。
http://www.allm.net/mysos/

■株式会社アルム
株式会社アルムは「すべての医療を支える会社(All Medical)」として、「Shaping Healthcare」をコーポレートメッセージに掲げ、医療・福祉分野におけるモバイルICTソリューションの提供をしています。また、医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」を始めとした医療ICT事業では、グローバル展開に積極的に取り組み、日本発の医療ICT企業として19カ国へのソリューション提供を行っています。

○社名 株式会社アルム
○本社 東京都渋谷区渋谷3丁目27番11号祐真ビル新館2F
○代表 坂野 哲平
○設立 2001年4月18日
○資本金 12億9274万円
○ホームページ http://www.allm.net/

<お問い合わせ先>
株式会社アルム チームプラットフォーム部
広報担当 工藤
TEL: 03-6418-3012
Email: press@allm.jp

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

← Back

Archive