COVID-19の診療にJoinを活用

聖マリアンナ医科大学病院が川崎市に提供したCOVID-19の対応に関する資料の中で、迅速な情報連携におけるJoinの活用が紹介されました。
Joinは検査所見や画像を含めたスタッフ間の情報連携に活用され、チャットで議事録や患者経過、問題点の共有を行うことにより、迅速な対応と方針の共有を実現したと報告されています。

「聖マリアンナ医科大学病院における COVID19 への対応」
資料1
資料2

← Back

Archive